お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7542-8266

再診・その他のお問い合わせ

047-482-2986

メールお問合せ

24時間WEBお問合せ

夏季休診のお知らせ|勝田台駅徒歩1分の歯医者 尾崎歯科医院(八千代市)

尾崎歯科医院

尾崎歯科医院047-482-2986

尾崎歯科医院へのアクセス
尾崎歯科医院へのお問合せ
お問い合わせ
アクセス
お問い合わせ

NEWS

夏季休診のお知らせ [2019年07月19日]

勝田台の歯医者、尾崎歯科医院です。

夏季休診期間が決まりましたので、お知らせいたします。

当院では8月25日~29日までの期間を夏季休診とさせていただきます。

ご予約、ご来院の際にはご確認をお願いいたします。

年末年始の休診のお知らせ [2018年12月03日]

12月30日(日)から1月6日(日)まで年末年始休診とさせていただきます。 1月7日より平常診療となります。

ご予約・ご来院の折にはお気をつけください。

虎の門病院臨床腫瘍科との医科歯科連携を開始いたしました。 [2018年11月27日]

皆様、臨床腫瘍科 (腫瘍内科)という科の事をご存知でしょうか。字の通り腫瘍(主に固形がん)を扱う科で、抗がん剤や分子標的薬などを中心とした薬物療法やがん患者さんのケアを専門としています。日本ではまだなじみが薄い診療科ですが、ここ10数年で徐々にその専門医も増えつつあります。

日本に比べて欧米では腫瘍内科医は非常に多く、がん治療の中心的存在として活躍しています。腫瘍内科医は、様々な臓器を専門とする内科医・外科医、放射線科医、看護師、薬剤師などそれぞれの専門家と情報共有・協力しながら、がん患者さんに対する最善の治療・ケアを進めていきます。各専門家とのつなぎ役、いわばがん診療におけるコーディネーターの役割を担っているのが腫瘍内科医です。がんに対する各種薬物療法の専門家であり、医師によって特に専門とする分野はあるものの、すべてのがんについて一定以上の知識と経験を有しています。日本国内ではまだまだ腫瘍内科医は不足していますが、上記のようにがん診療におけるコーディネーター役として腫瘍内科医が活躍している施設も増えてきています。

また近年、乳がんに罹患した著名人の訃報が続いております。乳がんに対しては、手術療法、薬物療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療が標準的に行われますが、その治療方法は近年ますます複雑化しており、乳腺外科医・(乳腺)腫瘍内科医・放射線科医を中心とした連携チームでの治療が必要であると考えられています。特に乳がんに対する薬物療法は、そのサブタイプに応じて、多種多様なホルモン療法、化学療法、分子標的薬などを個々の患者さんの状態や価値観に合わせて適切に使用すること(治療の個別化)が大切であり、そのためには専門家とよく相談しながら治療を進めていくことが重要です。

当院及び有田会 (歯周病専門医を中心とした勉強会)の会員の各医院では、虎の門病院 臨床腫瘍科と連携し、がん患者さんの最善・最適な診療を目指しています。ご自身やご家族のがん診療に関して不安を抱えておられる方や、乳がん検診異常などを指摘され受診先に困っている方などがおられましたら、お気軽にお声がけください。

虎の門病院 臨床腫瘍科のホームページはこちらを御覧ください。

当院では感染予防対策として殺菌水を使用しております! [2015年09月15日]

2015年8月27日 読売新聞 夕刊からだ面に、「歯科治療・水に細菌…機器に滞留し増殖 対策不十分」という記事が掲載されていました。

(以下抜粋)
歯科治療では通常の水道水が使われているが、治療装置の維持管理などが適切に行われないと、多くの細菌に汚染された水で治療が行われる心配がある。
日本歯科医学会の作業班は、昨年まとめた指針で、細菌対策として消毒液の使用を勧めているが、消毒液を注入できる装置が普及しておらず、消毒を行っている施設は一部にとどまっている。
(抜粋ここまで)

ほとんどの歯科医院において、治療時に使う水は治療が行われていない間に塩素が抜けている為、元々存在している細菌が増え始めてしまいます。

記事中、「体には細菌から身を守る免疫機能が備わっているため、こうした水が体内に入っても問題を起こすことは少ないとみられる。」と記載されていると同時に、「高齢者など免疫機能が衰えた人が大量の細菌にさらされると、発熱などの症状が現れる可能性がある。」とも記載されていました。

通常の歯科医院治療において、水の重要性が認知されることはあまり多いとは言えません。
もちろん今まで何か大きな問題が発生した、ということもないのですが、より安全でクリーンな環境で治療を受けていただけるのであれば、そういった機材を導入するのが歯科医院として当たり前だと考えております。

当院では、歯科治療の際に使用する水は全て殺菌水です。
つまり、たとえ時間経過で水道水の塩素が抜け、細菌が繁殖するような環境になったとしても、患者さんに対して使用する直前に再度殺菌を行いますので、いつどのような時も、患者さんに確実に無害な水で治療を提供することが可能です。

詳しくは、当院スタッフまで直接お問い合わせください。

PAGE TOP